国立情報学研究所が開発したNetCommons2.0に   
  独自の機能を追加し、SaaS形式で提供するサービス
 
 

NeXtCommons(ネクストコモンズ)で情報発信・情報共有すると、企業、自治体、学校がこんなに変わる!

学校向けテンプレートでお試し!
 

自治体が変わる

自治体にNeXtCommonsを導入すると…

  • 不審者情報や災害情報などを町内に情報発信することにより住民が安心・安全に暮らすサポートが出来ます。
  • 自治体内外へ地元の名物や町のイベントなどの情報発信し、地域に根付く企業や商店街のビジネスを活性化することが出来ます。
  • 自治体で働く職員たちの職務を効率化し、職員同士のコミュニケーションが円滑になります。

NeXtCommonsで自治体の情報発信・情報共有を始めよう!

▼NeXtCommonsなら
  • 【誰でもできる】
    パソコンに詳しくない職員でも利用できる
  • 【どこでもできる、いつでもできる】
    ケータイからでも利用できる
  • 【簡単にできる】
    日々の職務が忙しくても短時間でできる
自治体の情報発信・情報共有

NeXtCommonsがあれば、住民や地元企業の役に立つ、情報発信ができるようになります。また、職員間の情報共有が効率的にできるようになります。
ホームページで住民に向けた適切な情報発信ができるようになる
  • 住民サービスに関する情報を適切に提供することが可能です
  • 災害時の情報ポータルとしても瞬時に流用可能です
  • 各種イベント情報などタイムリーに発信することが出来ます
  • 住民からのリクエストや改善事項などの情報を円滑に収集することが可能です
観光地の自治体なら、ホームページで観光客に向けた適切な情報発信ができるようになる
  • 観光スポットの情報を詳しく、魅力的に伝えることができる
  • 特産品などの情報を詳しく、魅力的に伝えることがる
  • イベント情報などを詳しく伝えることができる
  • 自治体からのメッセージや地域の取り組みを伝えることができる
特定のメンバー同士の情報共有、情報交換が密に行えます
  • 複数の庁舎間、職員間でセキュアな情報共有が行えます
  • 職員全体へ周知したい情報をタイムリーに提供することが可能です
  • 部門、職掌、プロジェクトなどといった単位でセキュアな情報共有環境を持つことが出来ます
  • 職員からのリクエストや改善事項などの情報を円滑に収集することが出来ます
住民が安心・安全・快適に暮らすサポートを出来ます。(住民の役に立つ仕事が出来ます)

住民ときっちりと向き合い、住民のためになる情報を適切なタイミングで発信していくことで、住民が安心・安全・快適に暮らすサポートをできます。

また、自治体の職員の日々の活動内容などをこまめに発信していくことで、住民の理解を得ることができ、親密な信頼関係を築いていくこともできます。

観光客を増やして、地元企業のビジネスを活性化することが出来ます。

観光スポットや特産品、ホテルやレストランなどの情報を魅力的に伝え、多くの人に見てもらうことで観光客を増やすことができます。

観光客を増やすことで、ホテルや民宿、レストラン、土産屋をはじめ、地元の農家や土産物を製造している職人などの仕事を増やすことができます。

職務を効率化し、職員同士のコミュニケーションを活性化できる

複数の庁舎間や職員同士で様々な情報を共有することができ、情報伝達、情報共有のスピードを上げることができます。

また、職員が必要な情報、必要な書類を瞬時に取り出せるようになり、職務を効率化することができます。

 
 
簡単ホームページ制作 NeXtCommons(ネクストコモンズ) 無料お試しのお申込みはこちら
お気軽にご相談くださいお問い合わせはこちら
 
 
Copyright(C)2009 UNIADEX, Ltd. All Rights Reserved.